「サポカー」は、セーフティ・サポートカーのことで、政府による交通事故防止対策の一環として、この愛称が使用されています。「サポカー」は、自動ブレーキを装備した車両。そして「サポカーS」は、自動ブレーキに加えて、高齢者に多いと言われているペダル踏み間違い時の加速制御装置が装備された車両です。
安全運転サポート車の区分 必要機能 トヨタの対象機能
自動ブレーキ(対歩行者・対車両)
ペダル踏み間違い時加速制御装置※1
車線逸脱警報※2
先進ライト※3
下記の予防安全装置装備車
  • 自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ〈対自転車運転者[昼]・対歩行者[昼夜]・対車両〉または、
    プリクラッシュセーフティ〈対歩行者[昼]・対車両〉)
  • 踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)
  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)または、
    車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)
  • 自動ハイビーム(アダプティブハイビームシステムまたは、オートマチックハイビーム)
衝突回避支援システム(スマートアシストIII)装着車
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対歩行者・対車両)
  • 衝突警報機能(対歩行者・対車両)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム
自動ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
下記の予防安全装置装備車
  • 自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ〈対自転車運転者[昼]・対歩行者[昼夜]・対車両〉または、
    プリクラッシュセーフティ〈対歩行者[昼]・対車両〉または、プリクラッシュセーフティ〈対車両〉)
  • 踏み間違い時サポートブレーキ(インテリジェントクリアランスソナー)
衝突回避支援システム(スマートアシストII)装着車
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)
  • 衝突警報機能(対歩行者・対車両)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • 先行車発進お知らせ機能
低速自動ブレーキ(対車両)※4
ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
トヨタ車該当なし
自動ブレーキ プリクラッシュセーフティ装着車
  • 自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ〈対自転車運転者[昼]・対歩行者[昼夜]・対車両〉または、
    プリクラッシュセーフティ〈対歩行者[昼]・対車両〉または、プリクラッシュセーフティ〈対車両〉)
※1.マニュアル車は除く。 ※2.車線維持支援装置でも可。 ※3.自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯をいう。 ※4.作動速度域が時速30km/h以下のもの。
掲載の内容は2017年12月現在のものです。

 様々なシーンでドライバーを支援し、クルマにそなわる個々の安全技術やシステムをさらに連携させ、より高次元な安全を追求しようというものです。将来的には道路インフラとの協調、自車以外のクルマからの情報活用を図り、「事故を起こさないクルマ」の実現を目指していきます。
パーキング 予防安全 プリクラッシュセーフティ 衝突安全 救助


サポカー(セーフティ・サポートカー)は、 政府の定める「安全運転サポート車」の総称です。
セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。
※セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)またはプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、インテリジェントクリアランスソナー、レーントレーシングアシストまたはレーンディパーチャーアラート、アダプティブハイビームシステムまたはオートマチックハイビーム装着車。セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)は、プリクラッシュセーフティ、インテリジェントクリアランスソナー装着車、またはスマートアシストII装着車。セーフティ・サポートカー(サポカー)は、プリクラッシュセーフティ装着車。
※1. 対車両は自車速度約10〜180km/h※で作動、対歩行者や対自転車運転者は自車速度約10〜80km/hで作動します。※2. 警報は自車速度約15〜140km/h※、ブレーキアシストは自車速度約30〜80km/h、自動ブレーキは自車速度約10〜80km/hで作動します。※3. 対車両の場合は前方約60m以内で検知し、対歩行者の場合は前方約30m以内で検知します。また、作動したときの速度差が約4〜30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が約30〜80km/h(対歩行者の場合は約30〜50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。※4. 作動対象は車両です。歩行者は対象としていません。対車両であっても車速約50km/h以上では緊急ブレーキは作動しません。また作動速度域の約50km/h以下であっても、先行車との速度差が約30km/h以上ある場合は作動しません。■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティ・衝突回避支援ブレーキ機能はあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。※公道を走行するときは、法定速度や制限速度を遵守してください。
■グレードによって予防安全装置の設定が異なる場合があります。■グレードは予防安全装置の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。■予防安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状況、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱書、またはWeb (http://toyota.jp/sapotoyo/) をご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。■予防安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心掛けてください。
|ご使用になる際のお客さまへのお願い|
■運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。■各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な障害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。■ご使用の前には、あらかじめ取扱書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。■運転者自身でプリクラッシュセーフティの自動ブレーキ制御を試すことはおやめください。

前後のセンサーが壁などの障害物を検知している場合、障害物の接近をブザーとディスプレイ表示でお知らせするともに、急発進・急加速をしないようエンジン出力/ハイブリッドシステム出力をコントロール。さらに距離が縮まると、自動的にブレーキをかけます。
ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性をお知らせし、ブレーキを踏めた場合はプリクラッシュブレーキアシスト、ブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。
先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。
レーントレーシングアシストのスイッチをONにすると、車線から逸脱する可能性があることを警告したり、車線からの逸脱をさけるためのステアリング操作支援を行います。さらに高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作支援を行います。
道路上の白(黄)線を単眼カメラで認識し、ドライバーがウィンカー操作を行わずに車線をはみ出しそうな場合に、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。さらに、車両によっては車線の逸脱を回避しやすいように、ドライバーのステアリング操作をサポートします。
ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートするオートマチックハイビーム。切替忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減します。アダプティブハイビームシステムは、LEDの点灯・消灯を細やかに制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないよう自動的に遮光。夜間の優れた視認性を確保します。
前方のカメラで認識した標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム。ディスプレイ表示中に速度規制値を超過した場合や、はみ出し通行禁止を表示中に自車の追い越し操作を検出した場合などには、表示の点滅などでドライバーに告知する機能も備えています。
プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)の警報は自車速度約15km/h〜140km/h*、ブレーキアシストは自車速度約30km/h〜80km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。プリクラッシュブレーキ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプまたは歩行者[昼夜]・自転車運転車[昼]検知機能付衝突回避支援タイプミリ波レーダー+単眼カメラ方式)は、対車両は自車速度約10km/h以上から作動、対歩行者や対自転車運転車は自車速度約10lm/h〜80km/hで作動します。■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。
*公道を走行する時は、法定速度や制限速度を遵守してください。
2018年1月改定
詳しくは営業スタッフにおたずねください。
© 1999-2018 NAGOYA TOYOPET CORPORATION
本文中に記載されている社名、商品名、ロゴは各社の登録商標または商標です。