C-HR

Data

車両本体価格(消費税込)

2,516,400円~2,905,200円

燃費消費率

1.2Lターボ:15.4km/L、1.8Lハイブリッド:30.2km/L

総排気量

1.2L / 1.8L

ボディカラーバリエーション

  • ホワイトパールクリスタルシャイン ※メーカーオプション
  • メタルストリームメタリック
  • ブラックマイカ
  • センシュアルレッドマイカ ※メーカーオプション
  • ダークブラウンマイカメタリック
  • イエロー
  • ラディアントグリーンメタリック
  • ブルーメタリック

寸法・定員

全長: 4,360mm
※グレード:G
全幅: 1,795mm
※グレード:G
全高: 1,550mm
※グレード:G
乗車定員: 5名

Features

特徴1 クラストップレベル*1の燃費性能と
走りの楽しさを追求した、先進のハイブリッドシステム。

システム全体の高効率化により、低燃費を達成するとともに、モーターのトルクをしっかり活用し、発進した瞬間から、アクセル操作に対してクルマが素直に反応する走行フィーリングを徹底して追求。
気持ち良いと実感できるシームレスな加速感を高次元で実現しています。

*1. コンパクトSUVクラスでの比較。2016年12月現在、トヨタ自動車(株)調べ。
[G、Sに標準装備]

特徴2 「我が意の走り」の実現へ。
TNGA*1がもたらす高い基本性能をベースに、さらに鍛え上げた運動性能。

TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージに加えて、「レスポンス×リニアリティ×コンシステンシー」の3つの特性を徹底して磨き上げたC-HR。ニュルブルクリンク等のサーキットをはじめ、欧州各国の一般道を徹底して走り込み、ドライバーが疲れを感じることなく安心して運転できるクルマに仕上げています。

Response:ドライバーの操作に対して車両が即座に反応する
Linearity:ドライバーの操作量に対して車両が忠実に応答する
Consistency:ドライバーの操作に対して常に一貫した車両の応答がある
*1. TNGA[トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー]:Toyota New Global Architecture。
「もっといいクルマをつくろう」その想いを実現するために、クルマを骨格から見直すとことで生まれたトヨタの次世代プラットフォーム。

特徴3 クルマや歩行者などを認識し、
前方の安全を見守る、高精度な「2種類の目」。

"Toyota Safety Sense P"は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。「ミリ波レーダー」は検知できる距離が長いのが特徴で、速度域の高い状況にも対応します。一方、「単眼カメラ」は物体の形や大きさが識別でき、クルマや白線、対向車のランプだけでなく歩行者も認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムを可能にしています。